本script語法是用來變更瀏覽的字級大小,若您的瀏覽器無法支援,並不會影響到網頁的閱讀
新竹県政府ウェブサイト
新竹県政府ウェブサイト
トップぺージ サイトマップ 新竹県政府 新竹県お役立ち情報 十三支庁紹介
:::
プロフィール
ご意見募集
*
achievement report of county chief
ユニット:リンク集
*
*
政府の部門リンク
::: トップぺージ > 十三支庁紹介
FontSize SmallText MediumText LargeText
 
竹北市
(竹北市ウエブサイトを参照)
 
竹東町
  竹東の旧名は橡棋林で、樹杞林とも称され、先住民がこの地を開墾した時、橡棋樹の林を目にしたことから命名された。また橡棋樹の別名は樹杞樹であるから、樹杞樹とも称される(枝の離脱箇所の円形瘢痕は橡棋に見えるので命名された)。1020年(日本大正9年)、新竹市の東方に位置しているので、竹東と改名され、1950年行政区域が調整され、新竹県に帰属され、竹東町と改名された。

竹東町の地理位置は新竹県の要衝の地であり、その姿形は上流に向かって泳ぐ鯉に似て、客家人の剛直な性格とは同じである。西北-東南の細長い向きで、山も台地も多く、平野が少ない。北は頭前溪及び荳子埔溪を隔たてて竹北市・芎林町と接し、東は横山町と上坪溪を境とし、南は托盤山・五指山を境とし北埔町・宝山町に接し、東南は五峰町に接し、西は新竹市と柯子湖溪を境とし、東西約19キロ、南北約4キロ、面積は53.5132平方キロ;

竹東町は典型な客家集落で、面積が東西方向に細長く及び開発の歴史関係で、古屋敷が多く見られる;例えば詹家大夫第・曾家忠恕堂・林家九牧第・劉家伝経第・蘇家武功堂・彭家隴西堂・廖家武威世第・甘家渤海堂等等…がある。県道122号線にある桐花山徑及び上坪溪谷では自然山水の美が見られ、新竹県の聖山-五指山はすぐ目の前に、軟橋有機レジャー農園と上坪老街には客家の質朴さが見られる。竹東町の特産品の量は少ないが、質が良く、例えば軟橋越光米及び頭重員山の良質米、阿金姉の橘醤、柯湖の緑竹筍、陸豊のトマト及び上坪のタンカン等等がある。台鉄内湾線は、横山と尖石等地の観光発展によって、重要性が益々高まっている。樹杞林文化館・林業展示館・蕭如松記念園区・新竹県ビジョン館等はその周辺に位置し、頭前溪環境保全公園は若者の最愛である。自然・環境保全・文化及び科技の全ては、ゆっくり味わう価値がある。腰を下ろして、客家団子・板條或いは三角子を召し上がり、客家の米食を召し上がりましょう。「仁者は山を楽しみ、智者は水を楽しむ」。伝統的な客家庄の美をエンジョイするなら、竹東町はベストチョイスになる。
 
新埔町
  旧称「吧哩嘓」の新埔は、1796~1820年間の商業中心であって、繁華さは竹塹城に負けないぐらいだった。現在の新埔は、「香ばし柿餅・コシの強い板條・寺や廟の美」で有名になり、特に旧暦七月、全台湾で最大規模の褒忠亭義民節は盛名を有する。境内にはよく保存された家祠と古屋敷群が数多くあり、各家族の奮闘記を探索する価値がある。

毎年六・七月は梨祭り、十月は柿餅祭りであるので、時期を選んで果物の盛宴を楽しん、ついでに新埔の腸詰やコシの強い板條を召し上がってから、金柑ソースをお土産に、これは全て客家庄特有のグルメである。照門レジャー農業区(九芎湖、箭竹窩)を散策し、照門地区(九芎湖、箭竹窩)は新竹県庁に選抜され、農業委員会評選委員会の一次書面審査と二次実地視察を経て、コミュニティによってブリーフ・ガイド説明・ネットワーク投票を作成し、全国十大クラシック農漁村の「村風無限類」賞を獲得した。当区には健康歩道及びホタル・カブトムシ・オイカワ・アゲハチョウ等の生態保護区がある。
 
関西町
  当町は巾が広いために、気候が温和である。「長寿の町」という美称を持っていて、全町面積125.5平方キロ、面積125.5平方キロ、新竹県平地町町(全県13町・町・市で、2 山地町を含む)の中で面積最大で、人口3万2千8百余人。偏遠地域であり、面積が広いので、建設待ち場所は多数あったが、近年、高層の役人のご配慮で、全体の面目を一新した。例えば街道を広げ・新旧商店街計画・再建・野溪の整理及び伝統農業を観光と結びつけ、レジャー及び高付加価値農業への発展等があって、また各級政府と民間団体が絶えずに補導・投資に加えて、町民の所得が高くなった。

過去の関西は標準的な農業社会であって、住民は耕作・読書と伝家をしてきて、人材が集まり、町内には内政部から三級古跡(鄭氏家祠)に指定されているのは一箇所、県定古蹟(太和宮、東安古橋)に指定されているのは二箇所等の文化遺産は、早くから盛名になったが、近年、経費投入によって、再建が完成された。フォルモサ高速道路開通後、全町の観光・文化等の産業資源が豊富であるために、「関西」はすでに観光やレジャーのスポットへと変身し、休日に殺到した車を見るだけで、「関西」はすでに「観光文化レジャー大町」に転換したことが分かる;町内公園・駐車場・牛欄河親水公園及び市区と道路交通システムの周辺改善及び益々完備される各項目の公共施設等によって、観光とレジャーメーカーが次から次に各風景区・遊園区・ゴルフ場及び観光レジャー・有機農園・農牧場・親子馬牧場等のスポットへと進駐及び投資した;最近、行政院農委会で決定した「関西生物教育園区」は、敷地89.73ヘクタールの研究・展示・保存・教育・訓練及びレジャー等の多機能目標を結合させ、園区工事経費に周辺道路の整備と建設そして幅を広げる等を加えると、総工事費二十億元新台湾ドルにも達するので、本町が「観光文化レジャー大町」目標への推進にとっては、まさに鬼に金棒である。また経済部商業司が「関西農民活動センター」を地方産業交流センターを許可し、総額一億元新台湾ドルを投入することも、本町の観光文化レジャー産業に最大のエネルギーを注入した。
 
湖口町
  本町は新竹県北部に位置し、東南、北端及び西北は桃園県と楊梅町及び新屋町とそれぞれ接し、西は新豊町に隣接し、南方は南西の一部が竹北市に接する以外に、丘陵地で新埔町と接する;地形は一つの不等辺三角形に似て、東南及び南方には北窩・羊喜窩・糞箕窩・波羅汶山等の丘が本町の衝立として排列し、地勢は高くて乾燥し、地質は殆ど小石と赤土であるので、酸性が強く、土質が硬くて瘠せていて、また轄内に農田灌漑用の大きな河がないので、先天的条件が不良であるために、收穫はよくない。昔の山麓には老湖口街区の鉄道駅があって、北方や南方への門戸だったので、一時繁栄した。北東には楊梅から本町まで延伸してきた長崗嶺の丘がある。本町の地勢は高くて乾燥し、西北に向かって傾斜していく。

本町には有名な歴史と伝統のある建築-湖口老街があって、台一号線の湖鏡村に位置し、1914年に建築され、また完全保存されたバロック風老建築群が残され、ヨーロッパ風の建材や石畳街道から、優雅かつ昔を偲ぶ雰囲気が漂う。

街頭には県定古蹟-湖口三元宮があって、立派な建築ではないが、古朴の中に江南建築の美が感じられ、老街とお互いに湖口町発展史上の特殊な風景になった。
 
新豊町
  新豊町は新竹県最北端に位置し、東は湖口町、西は台湾海峽、南は鳳鼻尾山岡陵と竹北市に、北は大深坑溪と桃園県新屋町と接している。伝説によるとオランダ人は明時代、海難で当地から上陸したので、紅毛港と称され、豊富な海岸資源があるので、新豊町の発展の利点になっている。東南部は省道台一号線和町内的竹三号線に沿って工業発展の主要地域になって、工業発展に広い空間を与え、地方の繁栄に多大な貢献をした。西濱快速道路の開通と沿岸の生態資源利用に、ゴルフ場や遊園区等の拠点を加えて、観光発展には強い可能性がある地区となった。
 
宝山町
土地面積:64.78714平方キロ 人口:13,779人
耕地面積:二千一百八十ヘクタール 地質:第四紀洪積層
地形:双溪地区にいくらか広い谷地が現れる以外に、殆ど海抜250メートル以下の丘陵地である。
東南部は地勢が高く、西北部は地勢が低く、緩やかな斜面を呈す。
‧三叉凸山:本町の最高峰、本町の南端に高く聳え、宝山と峨眉の間に位置 する。
‧大壩山:本町東方の上大壢から、西へ大壢まで延伸し、三叉凸山と向かい  合っている。
‧水仙崙山:金山面と宝山の間に位置し、沙湖から延伸してきて、呉宝廓で 西北に向きを変え、水仙崙崎を越え、宝山に至る。
‧呉宝廓山:「廓」は客家語で頂上の意味である。昔呉宝という者がここを   守護したので、この名を付けた。
‧十鬮山:三叉凸山の西北にある。双溪と新城の必経の道であって、山間部  に十鬮村落があったので、この名を付けた。
‧宝山:楓樹橋山及び猴山を含む。
河川:客雅溪:山湖から三峰・油田・宝山村・大崎村を流れ下り、双溪村で  合流し、新竹市客雅溪川から海へ。
鹽水港溪:新城十鬮の支流から、東坑支流・柑子崎支流・深井支流を流れ下  り、鹽水港溪で合流してから、新竹市香山区から海へ。
石井溪:山湖から油田・上大壢・油田を流れ下り、峨眉湖へ流れ込む。
主な農産品:米・柑橘・スターフルーツ・オリーブ・梨・緑竹筍等。
ダム:宝一ダム・宝二ダム。
国道:中山高速道路、フォルモサ高速道路、インター。
学校:中学校:宝山中学校及び宝山中学校莒光分校
小学校:宝山小学校、双溪小学校、新城小学校
三峰小学校及び宝山小学校山湖分校
レジャー観光:宝山ゴルフ場、啓宝ゴルフ場、鴻福ゴルフ場、太平洋カントリークラブ、沙湖壢芸術村、宝山町オリーブ共同組合、ドラゴンフルーツ観光果園、柑橘観光果園、市民農園等。
工場:科学園区のメーカーは約二百数社、宝山製糖工場、蝋燭工場等。
 
芎林町
 旧名九芎林、その名称は太古未開の時代、芎林一帶は九芎樹が所々に見られたためである。芎林の開発は西暦1775年に遡れる 。広東出身の姜勝智・劉承豪らによって初開墾し、西暦1785年以降、福建省人と広東省人が続々開墾し、1820年代までの50年間、相当な規模に達した。行政区画からいえば、本町は清時代、新竹県竹塹堡東廂に帰属され、日本占領時代になってから、最初は台北県新竹支庁竹北一堡に帰属されたが、のち新竹州竹東郡芎林庄に変更され、台湾光復初期また新竹県(大)竹東区芎林町に変えられ、1950年に台湾省地方行政区域は改めて区画され、正式に新竹県芎林町と改名された。芎林町は開墾されてから現在までの歴史は、二百二十年にも達す。

近年、本町の交通建設が大幅に改善され、120号線道路の幅が広げられ、フォルモサ高速道路竹林インターの完成及び東西向快速道路の開通によって、外部との交通が急速発展してきた。本町は全県の中心部に位置しているので、竹東地区の各町町から新竹県治への必経の地であって、また南は科学園区・工研院・清華大学・交通大学等の高等学府に接し、北は湖口新竹工業区と境とし、特に六家高速鉄道特定区に近隣してために、外部との交通或いは地理位置は、とても優位であり、発展の可能性が強く、ビジョンが期待されている。
 
横山町
 横山町は横山があったから名付けられた。日本占領時代は「大背山」と呼ばれた。前は竹東平野に面し、芎林・石壁潭から眺めると、大山が屏風のように立っているから、古から『横山』と称された。山の奥には大樹龍・大寮・新路坪・新公館・大空殼・騎龍・四份壢等の部落が散在し、大山背と総称されている。本町は雪山山脈に近隣し、高山・丘陵・河谷によって構成される。新竹県の中央部に位置し、東南は尖石・五峰と境とし、西北は芎林、東北は関西に接し、西は竹東町と境とし、全町の東西巾は約13.8キロ、南北長は約14.2キロ、総面積は66.35平方キロ。
 
北埔町
 位置及び面積:
本町は県の東南方に位置し、県庁所在地竹北市から19.8キロ。東は竹東町、西は峨眉町、北は宝山町、南は五指山と五峰町、西南は苗栗県南庄町に接し、東西巾8キロ、南北長12.8キロ、総面積は50.667平方キロ。
交通:
(一)本町の主な外部連絡道路は二本:
一つは台三号線で、1993年道路の幅広げ工事完成後、22メートルの道路(もと7.5メートル)に変身し、大隘北埔の封鎖環境が打ち破られ、本町と新竹地区の各町の距離が短縮され、道路が本町内では分水龍から暗窩子まで、計8.5キロを走る 。

もう一本は竹市三号道路(宝山路)で、北埔・宝山と新竹市を連絡する重要な道路である。新竹市科学園区の発展につれて、大きな就職市場に成長したので、本町と新竹市との間の行き来も激しくなり、道路の幅広げ工事完成後、三号道路(宝山路)は新竹市を繋ぐ主な道路とショートカットになった。

(二)本町境内の村里道路:
本町境内の道路システムは、地形的に隔離されたために封鎖体系を形成し、北埔市街を中心点として放射状に分布し、各村の道路連結は便利で、かつ各道路区域には優れた自然景観に恵まれているので、観光発展の重要資源になった。
 
峨眉町
  峨眉町は新竹県の南に位置し、東は北埔、北は宝山町、西及び西南は苗栗県頭份町・三湾町・南庄町等の三町町とそれぞれ接し、面積は46.80平方キロ、東西長10.50キロ、南北長11.80キロ。本町の地形は竹東丘陵南段及び獅頭山山地の丘陵地に属し、全町には山また山が重なり合っているが、全て500メートル以下の丘で、数多くの丘は本町の境に、稜線に沿って天然の境界線を提供している。
 
尖石町

  尖石町は本県にある二つの山地町の中の一つで、内湾から上り、旧前哨屯所を通り過ぎて本町に入る。東北に約三百メートル付近に海抜1124メートルの険しく聳える尖石山があって、山麓には那羅と嘉楽の二つの溪流の中に、高さ約100メートルの尖石岩がつっ立って、巨石の上端に樹齢百年の年中緑の松柏が直立し、偉大壮麗な姿で、気迫溢れて、風、霜、激しい日光、暴雨に襲われても、そのまま直立していることが、先住民族の勇敢・忠義・不屈不撓・負ければ負けるほど強くなる精神を象徴しているので、尖石と名付けられた。

  その石の長さ35メートル、巾20メートル、本町に高く聳えて、一枚の天然衝立になっている。伝説によれば、この「尖石」は万年にもわたり、岩の下に溪流がさらさらと流れて、大きな石があちこちに散在しているが、この岩だけが直立不動で立っている。タイヤル族は神様の化身であると信じ込んで、岩石の前に小さな廟を建て、祀るために、尖石爺の石碑が建てられた。

 
五峰町

  五峰町の海抜は700メートル、雪山山脈の西側に位置し、山々が長々と起伏して、境内には五指山が空に聳えていて、眺めると五本の指のように見えるので、名付けられた。主な居民はタイヤル族・サイシャット族と数少ない客家民族である。境内には広々とした森林と絶え間なく流れる清泉と溪流が見られ、優美な風景を見渡すことが出来る場所である。

現在、役場は白蘭農業区に駐車場・展望台とBBQ区を建設し、またレジャー農業区を生態保護区・山野活動・森林レジャー・花卉区・農園・野菜果物狩り園に分け、多目的レジャーを提供する。

 
通過第二優先等級無障礙網頁檢測(新しいウィンドウズを開)
Travel service: 0800011765    Life service: 0800241111    Translate service: 0800885111 
Hsin Chu County Government No.10, Guangming 6th Rd., Jhubei City, Hsinchu County 302, Taiwan ROC Tel:886-3-5518101 Last updated: 2007.05.01